当社代表・渡邉の住宅営業コンサルティングとは

JC029_350A.jpg株式会社ポプラでは住宅販売会社さまを対象に、住宅営業コンサルティングを行っております。 

 

現在の住宅販売は「有名ブランド」「商品の魅力」を前面に出しての営業が主流です。そのため、中小企業の営業マンからは、

「住宅を売るには、有名ブランドや人気の商品を看板に掲げないと・・・」

「うちはブランドも商品力も弱いから、住宅はなかなか売れない・・・」

といった悩みを聞くことも少なくありません。

一方で、大手ハウスメーカーからも、

「もっと大々的に商品やブランドの宣伝をしないと、売上が伸びないのでは・・・」

という相談を受けることもあります。

 

しかし、ここでハッキリ言いますが、住宅営業にブランドや商品力は関係ありません

HY037_72A.jpg

 

当社代表・渡邉良廣は30年以上住宅の販売を手がけ、大手ハウスメーカー数社で常にトップクラスの営業成績を獲得してまいりました。

独立後はコンサルタント業のかたわら、みずから住宅ビジネスを経営し、これまでの営業手法の実践に努めております。

その経験から、「ブランドや商品の力に頼らなくても、お客さまに住宅を購入していただける」営業スタイルを確立することができたのです。

 

住宅営業のポイントは、お客さまへの「心の営業

 

HY128_350A.jpg

当社が提唱している営業スタイルは、「商品」を売る前に「人間」を売る、というもの。言葉を換えれば、お客さまへの「心の営業」です。

お客さまに「この営業マンから家を買いたい」と信頼していただくことができれば、ブランドや商品の力に頼らなくても、住宅をお申し込みいただける可能性は高くなります。

しかし、なかなかそんな関係を築くことができずにお困りの方も少なくないでしょう。

 

そこで“住宅営業のプロフェッショナル”である当社代表・渡邉が、お客さまの心をつかむための、営業戦略や具体的な追客の仕方をアドバイス。

さらには管理職の方向けに、各営業マンのモチベーションを高めるためのマネジメント法も詳しくお伝えします。

 

幸い、当社がコンサルティングさせていただいた企業さまからは、

「うちの営業マンが、がぜんやる気になり、すぐに動き始めました!」

「営業チーム全体が元気になり、売上が増えました!」

といった嬉しいご報告を頂いております。

 

今後も「ブランドや商品の力に頼らない」当社の営業スタイルを皆さまに生かしていただけるよう、努めてゆきたいと考えております。

もし、住宅営業でお困りのことがございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

住宅営業コンサルティングは株式会社ポプラにお任せください!

196_029_at3_z.png株式会社ポプラでは住宅販売会社さまを対象に、住宅営業コンサルティングを行っております。 

現在の住宅販売は「有名ブランド」「商品の魅力」を前面に出しての営業が主流です。

しかし、実は住宅営業には、ブランドや商品の力はほとんど関係ありません。なぜなら成約に至るかどうかは、「この営業マンから家を買いたい」とお客さまに信頼されるかどうか、で決まるからです。

 

174_001_at3_z.pngそんな信頼関係を築いてゆく営業スタイルで、大手ハウスメーカーで30年以上、トップクラスの営業成績を獲得してまいりましたのが当社代表・渡邉良廣です。

渡邊は独立後、住宅営業コンサルタントとして当社を率いるかたわら、みずから住宅ビジネスを経営し、これまでの営業手法の実践に努めております。

 

もし、このホームページをご覧の皆さまが、

「住宅の売上がなかなか伸びない・・・」

「うちのブランドや商品力では他社に対抗できないのでは・・・」

とお悩みであれば、当社・渡邉の提唱する営業手法に一度耳を傾けてみてください。

きっと、御社の営業課題を解決するためのヒントが得られることと思います。

当社のコンサルティングに関心をお持ちの方は、お問合せフォームからご連絡ください。

住宅営業に関するアドバイス

直接訪問を重視しましょう
 
管理職の方むけアドバイス
tyokusetsu.jpg   kanrishoku.jpg

見込み客とアポイントを取る際に、パソコン(Eメール)や電話、手紙を活用する営業マンが増えています。

しかし当社では、お客さまを直接訪問することをお勧めします。

なぜなら、お客さまの多くは「営業マン」によって購入を決めているからです。

→ 「直接訪問」を重視する理由はこちら

 

当社代表・渡邉はハウスメーカーの管理職の経験も多く持ち合わせております。

ある会社では、成績ワースト1だった営業部署の成績を社内トップに導きました。

こうした経験から、部下の営業マンをやる気にさせるマネジメントの秘訣をアドバイスさせていただきます。

管理職の方むけアドバイスはこちら